道後REBORN公式サイト

道後REBORN2020キャンペーン
道後温泉本館プロジェクションマッピング
スペシャルプログラム
道後温泉本館北面ウォールアートリニューアル

2020年夏。愛媛・松山・道後温泉、「道後REBORNプロジェクト」が進化します。
2020年8月7日(金)から期間限定で、道後温泉本館プロジェクションマッピング スペシャルプログラム「FIREWORKS BY NAKED -火の鳥2020-」(企画・演出/ネイキッド)がスタートし、「デジタル花火」と「青の火の鳥」で彩られます。
手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」は、原作では「永遠の生命」の象徴。新しいビジュアル「青の火の鳥」は、困難な時代を生きる私たちに「健康」や「癒し」、「再生への祈り」と「エール」、医療従事者等最前線で活躍する方々への「感謝の気持ち」を込めています。

さらに、道後温泉本館北面の工事用仮囲いを装飾しているウォールアートもリニューアル。
テーマは、「時代を超えるMESSAGE」。神話、飛鳥、江戸、明治から昭和と、オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」で描かれる5つの時代の絵図や写真と、「火の鳥」のグラフィックや手塚プロダクション描き下ろしのマンガがコラボレーション。原作「火の鳥」の有名なセリフを描き、「今」を生きる私たちへの時代を超えてメッセージを伝えます。「火の鳥」×「道後温泉本館」が演出する期間限定の物語です。

道後温泉本館北面
ウォールアートパネル展示イメージ

道後温泉本館北面ウォールアートパネル展示イメージ

道後温泉本館プロジェクションマッピング
スペシャルプログラム

道後温泉本館プロジェクションマッピングスペシャルプログラム

道後温泉本館では、オリジナルアニメーション第2話「子規と漱石」と連動したプロジェクションマッピング「道後温泉×ネイキッド MESSAGE -子規と漱石-」を上映し、夜のフォトスポットとして多くの方に楽しまれています。
今回、新しく追加するプログラムのタイトルは「FIREWORKS BY NAKED-火の鳥2020-」。ネイキッドによるデジタルで生み出す新たな花火と、手塚プロダクション監修のもと、今回限りの特別な演出として「再生への祈り」と「エール」を込めた「青の火の鳥」がコラボレーションし、道後温泉に来られるお客さまに、「癒し」のメッセージを伝えます。

8月7日(金)からは、2つのプログラムをお楽しみいただけます。

道後温泉本館
プロジェクションマッピング概要
期間 令和2月8月7日(金曜日)~令和2年12月27日(日曜日)
※スペシャルプログラムの上映期間です。
時間 午後6時30分~午後9時30分
※15分ごとに交互に投影します。観覧無料です。
場所 道後温泉本館 北側(松山市道後湯之町5-6)
スペシャルプログラム レギュラープログラム
タイトル FIREWORKS BY NAKED
-火の鳥2020-
道後温泉×ネイキッド MESSAGE
-子規と漱石-
投影時間 毎時00分、30分(約2分) 毎時15分、45分(約3分)
内容 「デジタル花火」と「青の火の鳥」が登場し、「再生への祈り」や「癒し」のメッセージを伝える オリジナルアニメーション第2話「子規と漱石」と連動

メッセージパネル
神話時代

メッセージパネル/神話時代

メッセージパネル
飛鳥時代

メッセージパネル/飛鳥時代

オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」プロローグ~第1話に描かれた神話時代、飛鳥時代からのメッセージ。ビジュアルは手塚プロダクションがこのアートのために新たに描き下ろした作品です。

神話時代はオリジナルアニメの主人公である大国主(オオクニヌシ)と少彦名(スクナヒコナ)が登場。メッセージは、「火の鳥」の初期作品が連載されていた雑誌「COM」1967年2月号に掲載の手塚治虫によるコラム『「火の鳥」-生と死 手塚治虫』より引用しています。

飛鳥時代は厩戸皇子(ウマヤドノミコ・後の聖徳太子)が登場。
メッセージは、原作『火の鳥「鳳凰編」』の名場面、人気のキャラクター我王(ガオウ)が雄大な大自然の前を前にして、自分自身の新たな生き方に出会うシーンのセリフを引用しています。

メッセージパネル
江戸時代

メッセージパネル/江戸時代

メッセージパネル
明治時代

メッセージパネル/明治時代

江戸時代は、松山市立子規記念博物館所蔵の江戸時代後期に描かれた絵図を背景に、上空を舞う火の鳥と道後温泉本館のシンボルの白鷺を描いています。
メッセージは、現存する原作マンガとしては最終巻である、 『 火の鳥「太陽編」』の感動的なラストシーンから引用しています。

明治時代は、明治27年の道後温泉本館の改築後のモノクロ写真(明治30年頃)や資料に、人工着色を行い、当時の本館を再現しました。明治32年に完成する皇室専用浴室「又新殿」(ゆうしんでん)の建築が始まった頃の貴重な写真で、『火の鳥「復活編」』の冒頭シーンのナレーションを引用しています。
メッセージは、現代の道後温泉本館の姿はこの時代から始まったことと、重ね合わせています。

メッセージパネル
昭和時代

メッセージパネル/昭和時代

時代は進み、昭和時代。東京オリンピックを前年に控えた昭和38年。
幾度の改築を経て、現在の姿になった道後温泉本館の西面と「火の鳥」。
メッセージは、どんな困難にも負けず壁を乗り越えていく人間に向けての『火の鳥「黎明編」』(クライマックスシーン)のセリフより引用しています。

その他、オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」プロローグ~第1話、第2話のキャラクター紹介のパネル。道後REBORNプロジェクトで実施のプロジェクションマッピングの概要や、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、ソーシャルディスタンスを案内。

メインパネル「青の火の鳥」

メインパネル「青の火の鳥」

メインパネルには、「再生への祈り」や「癒し」、医療従事者等への感謝のメッセージを伝える「青の火の鳥」が登場。
時代の変わり目に人類の前に姿を現す火の鳥が、時空を超え、道後温泉を守り継ごうとする多くの人々の想いを現代に伝えるコンセプトです。
メッセージは、2020年中に公開予定のオリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」第3話「そして、未来へ」から引用しています。
ウォールアートとアニメ、プロジェクションマッピングが連動して道後温泉に新たな「物語」を描き出します。

手塚治虫のライフワークといえる原作「火の鳥」と
オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」による
「“今”ここにしかない メッセージ」を皆さま、どうぞお楽しみください。

画像はいずれもイメージで実際のデザインと異なる場合があります

道後温泉本館は保存修理工事中ですが、
入浴ができ、
源泉かけ流しの道後温泉を楽しめます

三千年の歴史を誇る名湯“道後温泉”
石造りの浴室に砥部焼の陶板画が飾られ、
大きな円柱形の「湯釜」と呼ばれる湯口が鎮座する浴槽は、
道後温泉本館の独特な雰囲気を作り出しています。

PageTop